主人と結婚した理由

思うこと

主人と結婚した理由<後編>

昨日の続きです。

やっと主人と仲良しになったころ、大学を卒業しました。
二人とも就職したばかりでお金がなかったこともあり、一緒に住み始めました。

あっという間に5年が経ちました。

20代も後半に差し掛かった私は、当然主人が「結婚」を考えていると思っていました。

でも、主人は結婚は絶対しないと言いました。

私と結婚をしたくないのではなく、「結婚は誰ともしたくない」とはっきり言われました。

でも、このことは付き合い始めからずっと言われていたんです。
「俺は結婚は誰ともしないから、結婚したいならほかに誰か探してね」
と。

結婚もしたかったし、子供も欲しかった私は仕方なくお別れをして、実家に帰りました。

地元で就職もして、いい人がいたら今度こそ結婚だ―って本当に思ってたんです。

でも、仕事も地元での生活も「何か違う」という感じで、結局1年ほどで私はまた東京へ。

28歳にして東京の会社に転職し、半年ほど経った頃、私はノロウイルスに感染。

3日ほど家で一人苦しみ、何とか体調が落ち着いてきたころ…なんと主人から電話が。

健康な時だったら、相手にしていたかわかりません。
でも、弱っていたので訳を話すとすぐに来てくれました。

久しぶりに会うと…やっぱり好きだなあって思ったんですよね。
居心地がいいというか、波長が一緒というか。

数日後、
「よりを戻さない?」
と主人が言うので

「結婚するならいいよ」
と言いました。

そうしたら
「わかった。じゃあ結婚する」
と。

私は主人からプロポーズされていないと思っているのですが、主人にとってはこの時がプロポーズのつもりなんだそうです(笑)。

そんな感じで結婚に至ったのですが、肝心の主人の「結婚したくない」はどういうことだったのかというと、主人のご両親は主人が子供の頃から非常に不仲で、常に一人っ子の主人の前で言い争いをしていたのだそうです。

物心ついたころから大学生になって家を出るまでずーっとそれを聞かされ続けた結果、主人は
「結婚なんか何もいいことない。
絶対にするもんか」
と、固く心に誓うようになったんだそうです。

「じゃあ、何で今になって私と結婚しようと思ったの?」
と聞いたら、
「親よりお前が大切だと思ったから」
と言いました。

主人は話が上手でいつも私を笑わせてくれます。

私は主人といると本当に楽しいし、こんなに居心地のいい人はほかにいないなあ、って思います。

そんな人に大切だと言ってもらえて本当に幸せだと思いました。
色々あったけど、もうどうでもいいや!
とその時は思いました。

まあ、その後もいろいろあって、結局籍を入れたのは30代になってから。

未だに
「どうせあなたと結婚するならもっと若いうちに結婚したかった!」
と喧嘩になることがありますが、まあ仲良くやってます。

最初あまりにもうまくいかなかったのですぐお別れするのかと思ったらもう20年近くも一緒に過ごしています。

そんなわけで、特に結婚した理由はこれといったものがないんですよね。

私にとってはいつでも主人と一緒にいることがごく自然だったということです。

1995年公開、イーサン・ホーク、ジュリー・デルピー主演の
「ビフォア・サンライズ」(邦題「恋人までの距離(ディスタンス)」)
という映画があります。

公開当時私は大学生で、大好きな映画でした。

9年後の2004年に続編の『ビフォア・サンセット』が公開されたのですが、主人公の2人の9年後が描かれています。

そしてさらに9年後の2013年には三作目にあたる『ビフォア・ミッドナイト』が、さらに主人公たちの9年後の映画。

キャストも監督も全員同じ、18年かけて撮られている映画です。

どれも本当に素敵な映画で登場するセリフも素晴らしいんです。

共感することが多くて…。

中でも『ビフォア・サンセット』の中のこのセリフは「本当にその通り!」って思います。

セリーヌ:若い頃、出会いは沢山あると思ってる、本当は“稀”なのに……。
ジェシー:そして、その機会も知らずに潰していってしまう。
セリーヌ:世の中思い通りにいかない方が当たり前なのにね。

(セリーヌ→ジュリー・デルピー/ジェシー→イーサン・ホーク)

主人公たちの年齢が少し近いこともあって、この映画を見ると、勝手に自分たちを重ねてみてしまいます。

本当に素敵な映画なので、まだ見ていない方はぜひ見てみてくださいね!
(1作目から順番に見ていくことをおススメします!)

ピックアップ記事

  1. 高校生の保護者が知っておくべき今時のネット事情4つ
  2. ”ランドセルが引っかかり”公園遊具事故…子どもの遊具事故はどれくらいあるの?
  3. 公共の場でのママの振る舞い
  4. 晴れた日曜日、子供たちと東武動物公園に行って思う
  5. 子供の運動神経を良くするために心がけること

関連記事

  1. 育児に疲れたすべてのママに贈りたい詩『最後のとき』

    子供

    育児に疲れたすべてのママに読んでほしい詩『最後のとき』

    皆さんは育児を楽しめていますか?もちろん楽しいこと、うれしいこ…

  2. 紙おむつ自販機設置!横浜で全国初、イクメンの提案を実現

    子供

    紙おむつ自販機設置!横浜で全国初、パパの提案を実現

    紙おむつと飲み物が購入できる自動販売機が、イオンスタイル東戸塚(横浜市…

  3. 自己肯定感を高める

    子供

    子どもの自己肯定感を高めるために

    「自己肯定感」という言葉を知っていますか?近年話題になることも…

  4. ママになって思ったこと

    思うこと

    サラリーマン時代、つわりで2か月休職

    私は以前、マイナビという会社で編集の仕事をしていました。会社の…

  5. 平成30年7月豪雨に際し100万円寄付したヒカキンさん

    思うこと

    平成30年7月豪雨、ヒカキンさん、斎藤工さんなど有名人の行動を見て考えた

    2018年(平成30年)6月28日から7月8日頃にかけて九州から中部地…

  6. 「高齢者は75歳から」…年金支給が70歳からに?

    思うこと

    「高齢者は75歳から」…年金支給が70歳からに?

    今年に入ってから、日本老年学会などが現在は65歳以上と定義されている「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

インターネット

  1. 【LINE】「既読」を付けずにメッセージを読む方法(iPhone/Android/PC)
  2. 子どもだけじゃない、高齢者のインターネットトラブル
  3. 2017年、主要ソーシャルメディアはどれくらいのシェアを持つのか?
  4. LINE今や必要不可欠なツール!でも案外知らないことも多い
  5. 高校生の保護者が知っておくべき今時のネット事情4つ

女性が家でできる仕事

  1. アフィリエイトって具体的にどうやるの?
  2. アフィリエイトって具体的にどうやるの?
  3. アフィリエイトって具体的にどうやるの?
  4. 女性が子育てしながら自宅でできる仕事

カテゴリー

おすすめ記事

  1. 日本の少子化は本気でやばい?<後編>
  2. 日本の少子化は本気でやばい?<前編>
  3. 小1男児が熱中症で亡くなる
  4. 平成30年7月豪雨、ヒカキンさん、斎藤工さんなど有名人の行動…
  5. 高校時代の友達と久しぶりに会いました♪
  1. 汚れをためないお風呂習慣!掃除をラクに

    生活

    汚れをためないお風呂習慣!掃除をラクに
  2. 今年も花粉の季節がやってきた!飛散量は昨年の4倍!?

    生活

    今年も花粉の季節がやってきた!飛散量は昨年の4倍!?
  3. 晴れた日曜日、東武動物公園に行って思う

    子供

    晴れた日曜日、子供たちと東武動物公園に行って思う
  4. 油オメガ6オメガ9

    生活

    身体の健康に必要な「油」、オメガ3って知ってる?
  5. 中学受験、する?しない?

    子供

    子どもの中学校受験、する?しない?
PAGE TOP